国女振発シンポジウムチラシ.jpg
東日本大震災直後の2011年から、国際女性教育振興会福島県支部会員が行っている復旧や
復興支援などの活動を綴った記録集は今年度で5冊目となりました。

震災から約10 年が経ち、震災と向き合い、歩んできた記録から、今後の福島について
考えます。


◆日 時 令和3年2月13日(土)13:30~15:30

◆会 場 男女共生センター 第2研修室(二本松市郭内1丁目196-1)

◆主 催 (一社)国際女性教育振興会福島県支部

◆内 容
 (1)アンケート結果報告と考察
    「福島県に希望を持てますか」
    線量調査データの収集結果報告

 (2)会員が語るそれぞれの10年
     コーディネーター:ふくしま地区長 西元 幸子
     発表者:各地区会員から 8名

◆参加費 無料

◆その他
 *新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用と検温・
  手指の消毒等にご協力ください。
  また、当日、体調の悪い方の入場はご遠慮ください。
 *新型コロナウイルス感染症の影響により、急遽開催中止となる場合が
  あることをご了承ください。

◆参加申込
 ・「氏名」、「住所」、「連絡先(電話番号もお書きください)」、
  「年代」をお書きいただいて、お申込みください。
  ※FAXによるお申込みの方は、申込チラシは以下からダウンロードください。
   シンポジウムチラシ(国女振福島県支部0213).pdf

 ・問合せ先
  (一社)国際女性教育振興会福島県支部 菅野 (スゲノ)
    電話・ FAX: 0243-55-3081
   メール: toshi55@wave.plala.or.jp
 
 ※申込期限:令和3年1月 31 日(日)

 ※令和2年度「男女共生を進めるための民間企画応援事業」採択企画