• ホーム
  • センターについて
  • 利用について
  • 講座・イベント
  • 図書室
  • 調査研究
  • 相談
  • 介護実習・普及センター
  • 各種情報
  • リンク
  • 広報誌
  • メールマガジン

《募集》他県被災地へのスタディツアー参加者を募集します!

令和元年度「避難地域の復興を支える女性の活躍推進事業」

 避難地域に居住する女性等を対象に、被災地の復興に向けた取組の
先進事例を学ぶスタディツアーを通じて、避難地域の復興を進める人材の
育成及びネットワークづくりを行います。
 《参加費は無料です。》

◎当事業のポイント
 ・参加者が学びたいテーマ、場所でスタディツアーを実施します。
 ・事業を通じて、所属する団体での活動のヒントが得られる機会にします。
 ・復興に向けて取り組む女性同士のネットワーク構築を支援します。

《対象者》
 主に避難12市町村において、避難者を支援する団体に所属している女性、
まちづくり会社の女性スタッフ、自治体の女性職員、避難先で交流会の企画や
ものづくり等に取り組んでいる女性、商工会や婦人会等で活動している女性 等
 ※全5回に参加できる方 10名程度

《内容・日程等》 全5回
 会場「みんなの交流館 ならはCANvas」
(楢葉町大字北田字中満260)です。
 ※第3回を除く
(1)第1回 学習
   地域コミュニティづくりの実践事例について、学び・話し合います。
   日時:7月17日(水)13:30~15:30
   ①講演「地域づくりに携わった実践事例から」(60分)
    講師:NPO法人くらスタ 理事長 佐原 禅氏
   ②受講者自己紹介・意見交換 等(60分)

(2)第2回 企画(訪問先決定)
   「スタディツアー」の訪問先(宮城・岩手県の被災地域を想定)を決定します。
   日時:8月22日(木)13:30~15:30

(3)第3回 スタディツアー(1泊2日)
   「スタディツアー」を実施し、訪問先団体との意見交換や交流を深めます。
   日時:10月中旬 ※訪問先と日程調整して決定します。

(4)第4回 振り返り(報告会の準備)
   「スタディツアー」での成果の共有等を行い、報告会に向けた準備をします。
   日時:11月14日(木)13:30~15:30

(5)第5回 報告会
   これまでの研修成果を報告・発信するとともに、今後の活動に役立てるための
  提案をします。
   日時:12月11日(水)10:00~17:00

《参加費》
  
参加費は無料です。 
 ※「スタディツアー」の移動費・宿泊費も無料です。
   ただし、会場及びスタディツアー集合場所(ともに「ならはCANvas」)
   までの交通費は参加者負担となります。

《応募方法》
(1)提出書類等
   以下の団体からの「参加推薦書」を郵送又はメールにてご提出ください。
   ただし、推薦者は各団体1名までとします。
  ・まちづくり会社   ・自治体   ・商工会等商業団体
  ・社会福祉協議会等の福祉団体    ・女性団体
  ・復興やコミュニティづくりの活動をしているNPO法人 等
  【参加推薦書】
    参加推薦書(エクセル)
    参加推薦書(PDF)
  【募集要項】
    募集要項(PDF)

(2)応募期限
   令和元年6月28日(金) 15時必着

(3)応募先・問合せ先
   福島県男女共生センター 事業課
    住所: 〒964-0904 二本松市郭内一丁目196-1
    電話番号:0243-23-8304  FAX:0243-23-8314
    メールアドレス: mirai@f-miraikan.or.jp

(4)その他
    応募者多数の場合は、選考となる場合があります。

facebookどなたでも気軽に利用できる施設です宿泊室のご案内宿泊室の設備研修室のご案内広報誌 未来館NEWS未来館メールマガジン福島県男女共同参画ホームページキラっ人ふくしま